メールシステム
Sitemap
社会化媒体
ホーム > 国際交流
武蔵大学

Dec 25, 2017  |  BROWSE TIMES:  |  LOCATION:

ホームページ:http://www.musashi.ac.jp/

武蔵大学は根津財閥(東武グループ)の創設者で「鉄道王」の異名を持つ初代根津嘉一郎が「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」という信念のもとに、1922年に我が国初の旧制七年制として設立した旧制武蔵高等学校を前身としている。GHQによる学制改革が実施されるまで、学習院、成蹊、成城の各校と共に現在の東京大学の教養部分を担っていた。

新制大学として発足する際、旧制高等学校時代の資源を活かせる文理学部を設置する案が有力であったが、理事会(育英会)の意向を考慮し、戦後日本の復興に資する大学を建設するという意味での経済学部と、医学部進学課程(プレメディカルコース)(1962年廃止)の構成で出発した。当初、大学学長兼高校中学校長には旧制武蔵高等学校長の宮本和吉が、経済学部長には鈴木武雄が就任した。その後、1969年に人文学部を増設、1998年に人文学部社会学科が独立して社会学部が設置され、現在は3学部8学科2研究科を有す文系総合大学である。

また、武蔵大学は、旧制高等学校がルーツの武蔵大学、学習院大学、成蹊大学、成城大学で構成される東京四大学の一校である。