メールシステム
Sitemap
社会化媒体
ホーム > ニュース
第四回全国高等学校外国語教育改革と発展トップクラスフォーラム 王軍哲学長が出席

May 13, 2019  |  BROWSE TIMES:  |  LOCATION:

 

 

第四回全国高等学校外国語教育改革と

発展のトップクラスフォーラム

王軍哲学長が出席

 

発表日:2019325日 0851 アクセス数:509

 

  2019年3月23日から24日まで、北京外国語大学、教育部高等学校外国言語文学専攻教学指導委員会、教育部高等学校大学外国語教学指導委員会が主催し、上海外国語大学、大連外国語大学が共催した、第四回全国高等学校外国語教育改革と発展のトップクラスフォーラムが北京で開催された。北京外国語大学中国外国語と教育研究センター、北京外国語大学中国外国語評価センター、外国語教学と研究出版社が請け負った。

 今回のフォーラムのテーマは「使命、かまえ、措置」である。全国1000余の高等学校学長、外国語教育専門家、学者、教学管理者、そして一流の教師2000余人がフォーラムに出席し、新世代高等外国語教育の新しい使命と国際化人材育成の新しい措置を話し合った。

http://www.xisu.edu.cn/__local/3/54/48/D96F7AC4CB7F270A788118FA5A1_746C42DF_1AE9B.jpg

本学の学長王軍哲と副学長姜亜軍がこのフォーラムに招待された。王学長は貴賓として招待され、外国語教学と研究出版社「国際人材学院」の設立儀式に出席し、「国際人材学院」の除幕式を行った。姜副学長は招きに応じて、「大学フォーラム:外国語本科教育の振興と発展」という特定のテーマのフォーラムの司会を担当した。本学関連部門と教学機関の教師もフォーラムの開幕式に出席し、大会の基調報告を聞き、フォーラム各支部特定テーマのシンポジウムに積極的に参加した。

http://www.xisu.edu.cn/__local/1/95/9B/927710C00A0AE5FAC2719DCB461_35E367A9_10428.jpg

フォーラムでは、北京外国語大学の中国共産党委員会書記王定華教授、アジアインフラ投資銀行の金立群総裁、教育部高等教育局の呉岩局長、上海外国語大学の学長李岩松教授、浙江大学の副学長、教育部大学外国語教学指導委員会主任委員何蓮珍教授、北京外国語大学副学長、教育部高等学校外国言語文学専攻教学指導委員会主任委員孫有中教授、大連外国語大学学長、教育部高等学校外国言語文学専攻教学指導委員会主任委員、および露語専攻教学指導委員会支部主任委員劉宏教授、湖南師範大学学長、教育部高等学校外国言語文学専攻教学指導委員会主任委員および英語専攻教学指導委員会支部主任委員蒋洪新教授、北京外国語大学学長彭龍先生、北京外国語大学の文秋芳教授、南京大学王守仁教授、華為技術有限会社翻訳部の江燕飛部長、外国語教学と研究出版社の徐建中編集長などの専門家もそれぞれ基調発言を行い、高等外国語教育改革と発展のために計画を立て方向を決めた。

http://www.xisu.edu.cn/__local/7/AA/2F/103E65A96C835AAFEA1EF0FD755_25D89A07_18933.jpg

 また、今回のフォーラムでは「大学フォーラム:外国語本科教育の振興と発展」、「編集者フォーラム:新時代の外国語学科の学術革新」、「大学英語教学改革と研究フォーラム」、「英語専攻教学改革と研究フォーラム」、「多言語専攻教学改革と研究フォーラム」、「評価フォーラム:外国語評価と外国語教学をつなぐ」、「デジタルフォーラム:混合式外国語教学モデルへの探索」、「教師フォーラム:外国語教師発展共同体の建設」という八つの特定テーマのフォーラムが設けられた。

(原稿提供:教務課; 文章/写真:尨聞; 審査:南健翀)

 

 

 

 

 

 

 

陝西省「一帯一路」建設2019年度行動計画を公布 本学は言語サービス人材育成を担当

発表日:2019325日 0800 アクセス数:173

 最近、陝西省政府の同意を得た省政府事務所は、『陝西省「一帯一路」建設2019年度行動計画』を発行し、七つの主要分野において「一帯一路」建設重点を配置した。その中で、本学は言語サービスの人材育成を五年連続して担当している。

 陝西省「一帯一路」知的財産権言語サービス人材育成センターは、陝西省知的財産権局、知的財産権出版社および本学が共同で設立した、政府、産業、学校、研究所の人材育成総合プラットフォームである。2017年末に北京で正式的に設立以来、第一回全国特許翻訳人材育成シンポジウム、第一回全国特許翻訳コンクールなどの大規模なイベントを積極的に主催してきた。

 同センターは、国内の「外国語プラス知的財産権」学科活力を奮い起こすように努め、第一回西安外国語大学多言語知的財産権特許翻訳革新実験クラスを開設した。そして、陝西省で知的財産権関連事業の発展のために、着実な外国語能力、熟練した翻訳技能、豊富な法律知識がある複合人材を育成し、知的財産権分野のコーパスを建設している。

 また、教科書を編纂し、「一帯一路」沿線国家の知的財産権発展ブレーンの報告などにおいても、七つの科学研究プロジェクトを立ち上げ、センターの内容建設をさらに豊富にしている。

 今後センターは、西安外国語大学を本拠地として陝西省に立脚し、更に西北へ広がる知的財産権に強い国および陝西省のために、さらに知力支援を提供し、陝西省知的財産権言語サービス人材育成を、根拠があり人気もあるものにさせるよう努める、としている。

(原稿提供:シルクロード言語サービス協力革新センター、高級翻訳学院; 文章:賈治秀、張旭; 審査:賀鶯)

『陝西省「一帯一路」建設2019年度行動計画』

http://www.shaanxi.gov.cn/gk/zfwj/135853.htm