メールシステム
Sitemap
社会化媒体
ホーム > ニュース
2017亜信国家大学生芸術祭は本校で開幕

Dec 9, 2017  |  BROWSE TIMES:  |  LOCATION:

 

2017年12月9日、中華人民共和国教育部主催、西安外国語大学と西安交通大学との共催の「2017亜信国家大学生芸術祭」(注1:アジア相互協力信頼醸成措置会議)は本校の長安キャンパスで開幕された。教育部国際局局長方軍、陝西省教育庁副視察員李鳴、西安科技大学副学長張威虎、本校学長王軍哲、副学長王峰、姜亜軍、国際協力交流センター、国際組織処、留学処、欧州処などの責任者が開幕式に出席した。複旦大学、武漢大学、北京師範大学など九校から百名以上の亜信加盟国の在華留学生と西安交通大学、陜西省師範大学、西北大学など八校から140名以上の亜信加盟国の在華留学生も開幕式に参加した。方軍副局長、李鳴副視察員、王軍哲学長にあいさつをしていただいた。

方軍副局長はまず教育部国際協力交流センターの代表として、先達って今回の芸術祭の成功をお祝いした。方軍副局長はまず「25年の発展を経て、亜信は既にアジアにおいて範囲が一番広く、会員数が一番多い、最も代表的な地域安全フォーラムになった、若者はアジアの未来と希望である。」と指摘した。次に「今回26校の加盟国からの若者はこれから三日間、各国の文化を充分に伝えるとともに、相互理解を促進し、友好関係を深めることを希望する」と述べた。また、「参加者たちは今回の活動を通じ、各国の文化を楽しんだり、交流で思想をぶつけたり、知恵を絞ったりすることで、各国のことを理解し合い、尊重し合い、信頼し合うことを望んでいる。」とも述べた。最後に、方軍副司長は、今回の活動の成功を祈った。

李鳴副視察員は陝西省教育庁の代表として、世界各国から訪れてきたの若者に歓迎のあいさつをした。李鳴副視察員は、「陝西省は中国文明の発祥地の一つであり、シルクロードの出発点でる。今まで、陝西省留学している140カ国以上の国家と地域の11600名以上の留学生のうち、大部分が亜信の加盟国と観察員国から来た学生である。学生たちは言語と専門知識を学ぶだけではなく、自国の素晴らしい文化も陝西省にもたらし、さらには中国の発展と文化を世界に伝え、中国と世界各国の友好関係のために貢献している。」と述べた。また、李鳴副視察員は「アジア諸国の協力関係の未来と希望は若者にある。亜信の加盟国と観察員国から来たの学生たちは今回の活動をきっかけに、交流を深め、理解を促進し、アジア諸国の発展を推進し、人類運命共同体の構築と各国の国民福祉の増進のために貢献しよう」と強調した。

王軍哲学長は西安外大の教師と生徒全員の代表として、今回の亜信国家芸術節の開幕に当たってお礼を述べ、参加していただいた教育部、教育庁、各大学の指導者と在中留学生に歓迎の意を表した。王軍哲学長は、「わが校は今まで200校以上の海外大学と協力関係を築いた」と提示した。そのうち、13個の亜信加盟国からの41校が含まれている。今、16個の亜信加盟国と観察員国の24名の外国籍教師と295名の留学生はわが校で活躍している。豊富な国際交流を踏まえ、西安外大は東西文明の学び合い、多元文化の交流し合う場所になった。王軍哲学長は、中華人民共和国主席習近平が提出した「一帯一路」は文化の違いを超え、欧亜数十の国家と地域を結んだ。経済繁栄をもとに、文化と文明の交流を促進したと強調した。亜信加盟国の多くは「一帯一路」沿線の国家である。亜信国家の「協力、協議、信頼」という理念は「一帯一路」の精神と合っている。最後に、王軍哲学長は「今回の芸術祭は亜信国家の在中留学生に自国の芸術文化を展示され、互いに交流を促進でき、多元文化の融合を実現できる」と指摘した。

 

本校のトルコ出身留学生諸葛明遠(Oguz Haluk)は各国学生代表として登壇した。諸葛明遠は、「亜信国家大学生芸術祭は芸術の形を通じて、亜信各国の魅力を展示した。若者たちは文化を通して交流を促進し、各国文明の相互理解を深める。コンクール、交流フォーラム及び食文化展などを通じて、違う視点から亜信国家の文化の精粋を展示した。互いに学習し、亜信国家大学生の交流を促進した」と述べた。

その後、西安外国語大学、陝西師範大学と西北大学などからの留学生代表は中外文化特色のある歌と踊りをした。また、26名の亜信国家留学生は自国の国旗を振りながら入場し、一緒に『栄誉と夢想』を歌った。ここに2017年亜信国家大学生芸術祭が開幕した。

開幕式の後、今回の芸術祭に参加した留学生代表は大学を見学し、本校東方言語文化学院の学生代表と交流した。ゲームとフォーラムの形を通じて、亜信国家の文化の精粋を展示し、文化の交流を深め、コミュニケーションを築いた。

午後2時30分、亜信国家大学生芸術節・食文化展がわが校の学子広場で行われた。今回の食文化展は中国、日本、韓国、インド、タイ、アメリカ、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタンとトルコなど11個の亜信加盟国と観察員国の美食屋台が集められた。食文化展では、留学生代表も自国の特色のある公演をした。千名以上の学生は自国の文化について交流しながら、公演とグルメを楽しみ、忘れられない午後を一緒に過ごした。

今回の亜信国家大学生芸術祭は三日間、閉会式は12月11日に西安交通大学で行われた。それからの三日間、亜信加盟国の来中留学生たちは文化考察と公演鑑賞の形で中国歴史文化の魅力をいっそう感受し、交流を通じて東西文化の融合と相通を促進した。(西安外国語大学)

翻訳:李 雯

校正:山田 周